搜索
确认
取消
01

ニュースセンタ

分类出来
貴方の現在の位置:
ホーム
/
/
/
2014年度春、作文募集の優秀作品選【二等賞】景昶明《大切に》

2014年度春、作文募集の優秀作品選【二等賞】景昶明《大切に》

  • カテゴリ:职工风采
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2014-09-13
  • PV:0

【概要の説明】

2014年度春、作文募集の優秀作品選【二等賞】景昶明《大切に》

【概要の説明】

  • カテゴリ:职工风采
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2014-09-13
  • PV:0
詳細

    私は一つの趣味がある。時間が経てば、コンピュータに通じて昔の写真を見通しする。写真を見て、面白いと思うが、主にはリラックスである。なお、自分の撮影技術に対する自己鑑賞だと思う。今日、ずいぶん昔の写真は私の目に入った。私は写真を見て、鑑賞の気持ちが溢れて、漫々な感情が出て着た。私は写真を見て、なかなか視線を離れない。数年前、何回もこの写真を見たが、余りにも感覚がない。でも、今日はこの写真を見るとき、たくさんの感嘆と気持が多くなり、まるで浮かんで消えない画面のようである。一件一件面白くて辛い物語が私の頭に浮き始め、私を一気に八年前に連れて来た。….。
    この写真は私が2006年07月27日の朝7時に撮られたのである。写真はの地面は白い粉末のある雑草地面である。真ん中には長方形の穴がある。穴の深さは約20センチがあり、穴の真ん中は三山の果物を積んでいる。一つはライチ、一つはトマト、もう一つのオレンジである。私にとってはこの事情を知っているが、外人の場合はこの写真を見て、一体どういう意味なのかサッパリ分からない。
    実は秦皇島三融工場新規建設当時の掘削現場である。当時、土木建設を担当する施行隊員のある総経理責任者から情報を聞いた。“工場新規建設のとき、掘削前にはたくさんのルールがある。例えば、着工前にはライチ、柿、オレンジなどを設置しなければならない。意味としては、秦皇島三融工場建設完了後、“歴、事、成”を象徴している。どんなことでも成功、順調になれる。それに、着工開始の一鋤目も爆竹を鳴らす時間もかなりルールがある。一番良いのは数字“7”に関係があること。何故ならば、“起”を意味しているである。太陽が昇っている時を着工開始するのは一番吉である”。当時、私は秦皇島三融工場の創業者の一員として、この話を聞いて、新規工場の将来への自信と期待が知らないうちに満ちている。。
    この写真を言及すると、私の人生転換には非常に大きい関係がある。早くも2006年07月に、私たちの家の近くに新しい工場を建てるのを聞いた。一方私もともと勤めている会社破産の手続きを進んでいる。そのため、毎日人々が不安に襲われびくびくしていた。私は三融工場に異動し転勤するのを何回も指導者に要求を提出した。少なくても私は以前の会社に小さい責任者を務め、ある程度の管理経験を持っているはず。それに、本人は先見の明で事前に運転免許を取った。だから、いくつの条件を満足したから、三融の総経理に採用された。その時から、私の人生には、新しい道を歩み始めた。
    話を戻すが、写真を見て、気持も鑑賞している工場新規建設当時の写真に伴い、まるで映画を放送しているようである。建設現場が始められような画面、詳しく知っているが過ぎ去った顔。今現在、この雑草地面に建てられた現代化工場を見て、年間売上高4億元の実績を考えると、企業はまるで激しい変化を経た巨人が、市場経済の洗礼及び試練を何回も経験し、依然に現場って生き残し、気鋭になっているようである。…
    まるで夢のようであるが、今現在、企業の発展ビジョンが書かれたのを見て、三融団体が持っている強大な支障力及び生命力を見て、この時の気持ちも、薄い悲しみから少しずつ嬉しくなり始めた。
    写真にある三山の果物と施工隊員の総経理の話は、私にかなり深い印象を残した。毎回、私は仕事上の困難又は乗り越えられないトラブルにあった場合、きっとこの総経理の話を思い出せる。それに、あの時三山の果物の用意と美しい祝福を思い出せる。私はいつも自分に注意をしている。頑張って、乗り越える!やり方が困難より多い、どんなことでもきっとうまく実現できる。ほら、この写真を見たら、本当に施工隊員の総経理に感謝しなければならない。このような信念のお蔭で、自分を支えながら、企業が一回一回の難関を乗り越えるのを心から祈っている。会社のほうも華やかから低迷まで、それに低迷から今現在希望の道を歩み、“三融人”の夢意を実現している。
    私の目から見て、写真にある三山の果物は既に多くの収穫がある秋に現れた。秦皇島三融の秋はまもなくやって来る。この際。私の気持ちを表現させるなら、たぶん、一つの語彙しか概括できない。それは、“大切に”である。即ち、現在を大切にし、将来を創造する。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

中红普林

住所:河北省灤南県松鹤大街35号 

電話番号:86-315-4167691/4167077

中红普林

著作権所有© 中紅普林集団 冀ICP备14016186号

中红普林

冀公网安备 13022402000083号

中紅普林集団