搜索
确认
取消
01

ニュースセンタ

分类出来
貴方の現在の位置:
ホーム
/
/
/
2014年度春、作文募集の優秀作品選【二等賞】周子栄《主人の手打ち麺》

2014年度春、作文募集の優秀作品選【二等賞】周子栄《主人の手打ち麺》

  • カテゴリ:职工风采
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2014-09-13
  • PV:1

【概要の説明】

2014年度春、作文募集の優秀作品選【二等賞】周子栄《主人の手打ち麺》

【概要の説明】

  • カテゴリ:职工风采
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2014-09-13
  • PV:1
詳細

    ≪舌の上で味わう中国≫第二部の人気放送に伴い、私は“視覚飲食”の誘惑を我慢できず、思い切って大好きなヌードを思い付けた。でも、スーパーで売られているラーメンもカップ麺でもなく、町中にある店で作られる蘭州ラーメン、カリフォニヤ牛肉ラーメンでもない。それは主人が作ってくれる手打ち麺である。主人が作ってくれるヌードなら、特別な味があって、何回食べても厭きない。
   ““あなた、手作りのヌードが食べたいの!””
    ほら、主人は朝私の細かい願いを承諾した。夜終業したら、家に戻って直ぐキッチンに入って忙しく作り始めた。。
    “手伝う?”私は彼を聞いた。“食べるのを手伝ってもらうよ!”彼は後ろに向いてニコニコ笑っている。”
    私は傍に小麦粉をこねるのを見ている。適量な温水を用意できた小麦粉に注ぎ、滑らかな練り粉になるまで、ゆっくりに混ぜる。盆、練り粉及び手がきれいになったら、完成できた練り粉をラップを掛けて、寝かしておく。
    この間、彼はヌードに混ぜる餡を準備し始めた。ネギ、生姜、トマトを目切りをし、たまごを混ぜる……僅かな間、新鮮で香りの濃いトマト卵餡を作り上げた。
   これを片付けて、彼は鍋を準備しお湯を沸かす。この時、彼はめん棒を使って、寝かした練り粉を平たくする。それに、めん棒に巻いて、叩きながら押し掛けている。練り粉はめん棒の下に薄くなった。少し打ち粉を取って、薄い麺片に掛ける。麺片を細長い形に並べ、一層一層に重ねる。麺を切るとき、主人は左手で麺を押しながら、右手で包丁をもって切っている。まもなく、まるで部隊の行列のように、ヌードが整然に並べられた。最後、主人は形の美しいヌードを持って、力を入れて振り始めた。太さ均一で、長さ一致なヌードが直ぐに出来上がった。
    これを片付けて、彼は鍋を準備しお湯を沸かす。この時、彼はめん棒を使って、寝かした練り粉を平たくする。それに、めん棒に巻いて、叩きながら押し掛けている。練り粉はめん棒の下に薄くなった。少し打ち粉を取って、薄い麺片に掛ける。麺片を細長い形に並べ、一層一層に重ねる。麺を切るとき、主人は左手で麺を押しながら、右手で包丁をもって切っている。まもなく、まるで部隊の行列のように、ヌードが整然に並べられた。最後、主人は形の美しいヌードを持って、力を入れて振り始めた。太さ均一で、長さ一致なヌードが直ぐに出来上がった。
   “开吃”,“いただきましょう!”主人は命令を出した。トマトたまごの餡一つ、水で冷やした手うち作りヌード一盆、それにしょう油、お酢及びニンニク和えがテーブルに運ばれた。私はきらきらと輝き透き通っているヌードを茶碗に盛り、お口に入れて、爽やかで美味しいである。私はがつがつ食いながら、主人に劣等感を感じている。“これこそ私家版の≪舌の上で味わう中国≫だね。私が作ったヌードはよく折れる。それに、食感のほうもよくない、私はなかなかうまく作れない”と感嘆した。主人は傍に微笑みながら、ゆっくりに話した、“大丈夫よ、俺が作ってあげるから。実は簡単だよ。心を込めて作れば、きっと美味しく作れるから。生活の知恵は無私な心から来ているが、どんなことでも、ごまかしをしてはならない。頭を動かしたら、自然にうまく行ける。””
   そうだね。よく考えれば分かるが、主人は私に手打ち麺を作るとき、結構いろいろと知恵を絞っている。彼も毎日仕事で忙しくて、とても辛い。でも、彼は季節の変化にアレンジながら、味それぞれのヌードを作ってくれる。冬には肉細切りヌード、海苔と卵のヌード、鍋焼きうどんがあるが、夏には冷やしヌード、トマトとたまごの餡、インゲンマメと肉目切りの餡、ニンニクの若芽と肉目切りの餡がある。ひいては料理を作るとき、道具としてのめん棒も、自分で梨の木を探し、友達と一緒に旋盤で作ったものである。ヌードを制作するとき、またはヌードを煮るうちに、彼はずっと微笑んでいる。彼は食べ物に対する敬意を料理に込めて、念入りに作っている。彼は、一つ一つの細部にも非常に気にしている。
    主人は、生活の知恵は無私な心から来ていると語ったが、私は彼が生活に対する方式と態度を教えてくれたと実感している。今、たくさんの人は有限な生命周期にさらに多くのお金を儲かり、更に良い友達と人脈を擁し、広い部屋を住み、グルメを味わい、有名ブランドをを着ることを期待している。だから、生活の方式が効率を過度に追求し、生活自身にある元の味に注意を払っていない。家にも手打ち麺が作れるが、更に料理店やファストフードなどのところに様々なグルメを食べたい。でも、主人のように心を込めてヌードを作るのは、更に多くのものがゲットできると意味しているじゃないかなと思っている。本当の生活は満漢全席ではなく、町中にある自宅の食卓である。ここだけは、グルメの裏に含まれる生活に関わる情熱を更に多く味わえる。この感覚は、お金で買ったものに較べられないのである。
私は主人が作った手打ち麺の特別な味をやっと味わった。これは愛の味、家の味、幸せな味である。これらの味は身内の勤倹、生活を熱愛する気持ちを一緒に混ぜている。この感覚はお口で味わいながら、心に浸み込んでいる。どれが味なのか、どれが気持ちなのか、私は余りにもはっきり分けられない。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

中红普林

住所:河北省灤南県松鹤大街35号 

電話番号:86-315-4167691/4167077

中红普林

著作権所有© 中紅普林集団 冀ICP备14016186号

中红普林

冀公网安备 13022402000083号

中紅普林集団