搜索
确认
取消
01

ニュースセンタ

分类出来
貴方の現在の位置:
ホーム
/
/
/
2014年度春、作文募集の優秀作品選【二等賞】金鳳雲《嫁と小姑の感情》

2014年度春、作文募集の優秀作品選【二等賞】金鳳雲《嫁と小姑の感情》

  • カテゴリ:职工风采
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2014-09-13
  • PV:1

【概要の説明】

2014年度春、作文募集の優秀作品選【二等賞】金鳳雲《嫁と小姑の感情》

【概要の説明】

  • カテゴリ:职工风采
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2014-09-13
  • PV:1
詳細

      一般的に見れば、嫁と小姑の関係はずっと以来とも家庭矛盾の代名詞である。でも、私の家族には、まるで手足、姉妹のように親しい。私も、このような嫁がいるのが誇っている。

      高校卒業の時、嫁は私たちに家庭に入った。大学入試のため、私は兄の結婚式に参加しなかった。私にとっても、この数年間一番悔しいことである。結婚は一人の一生にとって、一番重要なことであるが、嫁のほうはこれ以上簡単になる結婚式がかなった。カラーテレビもないし、冷蔵庫もない。洗濯機、イヤリング、ネックレス、ダイヤモンドまでも一切なかった。父は手でテーブル一つ、椅子一つを作った。それに、12インチのモノクロテレビを買った。これは嫁全ての財産である。そのとき、私と姉はまだ卒業していない。嫁は、“お金を節約して、妹の進学に活用しましょう。今後、お金を使うところが結構多いよ!”と語った。父は、嫁のような嫁がうちに来て頂けるのは彼の幸運だと語った。

      嫁は大学生である。人も綺麗だし、人との付合いも優しく、話しぶりも行動も落ち着きがある。大学に入るのは私の夢であるため、嫁は私の心の中のアイドルであり、私は彼女を極めて崇拝している。

      そのとき、家庭条件が良くない。両親は私たち共同三人の読書を支えるのも結構易しいことではない。十七、十八歳の女の子はちょうどしゃれっ気のある年齢である。でも、私は人前に出せる洋服が一枚までも無い。ほかのクラスメートがきれいな洋服を着てるのを見たら、心の中の虚栄で、いつも私を人に劣ることを恥じさせる。でもある日、嫁は上着を一枚私に上げた、彼女が就学の時に着たもので、今は既に彼女に相応しくないと話した。その洋服は新品ではないが、私が着たらピッタリで、美しく上品である。当時、私にとっては非常に大切なもので、まるで宝物のようである。私はこの洋服を着て、嬉しくてたまらない。多分、嫁はその洋服のことをずいぶん前にも忘れたかもしれないが、私にとっては何時までも忘れられない。私はこの洋服を数年着たが、それにも私を付き添って、見えっ張りな青春歳月を過ごして来た。

      その後、私は公立大学に進学できず、自費で大学に入るのは私たちのような家庭が負担できないことである。私たちの経済条件では、私が学生生活を継続するのは不可能である。校庭を離れるとき、私も卑下、彷徨と感じた。私は今後、自分の歩む道がどこにあるのかを迷っている。私は自失と困惑を感じながら三四年間を送った。

    田舎の村には、二十歳を超えたら、女の子は結婚関係のことに直面する。一方、私も夢を抱いている女の子の皆と一緒で、自分の心の中の彼氏を探したい。背が高く、お金を持ち、カッコいいとは言えないが、少なくても理想が同じで同じ道を歩み、私のことを理解する包容力のある方である。一番最初、今の主人は私にとって最も理想的な方ではない。最低基準から言えば、ほかの条件はまあまあだけど、彼の身長は標準ではない。でも、両親も友達もいくら勧告しても、私はなかなか認めていない。私は自由恋愛をする条件がないが、婚姻の犠牲品にもなりたくない。やはり異なる時代の人は世代間の溝があるから、配偶を選択する標準もかなり違う、幸福の程度も違っていると、私はいつも思ってた。当時、私は反発心理のせいで、一言でも聞き取れない。その後、嫁は事情を聴いた。彼女は事情を了解した上で、私に話した。“人を評価する基準は背の高さではない。主には心根が善良であるか、胸ががっちりであるか、両親によく孝行するか、事業心があるかを重視するのである。諺があるが、金に純金が存在しないように、完全無欠な人間などは存在しない。完全で全く欠点のない方は探し出せないではなく、世の中には全くいないのである。ほかの方は皆彼のことがなかなか良いと言ったら、きっと悪くない。取りあえず付き合って、後で決めましょう”。”
    
   なぜかが分からずに、私は嫁の話を聞いて、長く考えをした。そうだね、私たちはやっぱり同時代の人だし、彼女も私のアイドルだもん。嫁がこのような話をしたら、私の配偶選択基準もそろそろ直さなければならないよね。事実から見れば実証できるが、当時の選択は間違っていない。私たちは結婚してから10年以上過ぎた。私たちは仲良く、賓客に対するように互いに相手を尊重し合っている。私たちは互いに理解し、互いに支えている。私も世の中に一番幸せな女だと思う。もしあのとき、嫁の勧告が無ければ、多分私が擦れ違ったのはただ一回のチャンスではなく、自分にとって一生の幸せだと思う。

      嫁は普段にも仕事で忙しいが、祝日あるいは休日になったら、必ず時間を取って両親を見舞いに行く。それに、毎回実家に戻るとき、必ず私たちを呼んで一緒に一家団らんする。嫁は、“老人は年を寄ったが、彼らにとって欲しいのはお金だけではなく、子供に囲まれる一家団楽である。暇であれば、よく実家に帰ってあげましょう。彼らはきっと、山海の珍味を食べたよりも嬉しい。”そうだね、両親が忙しくて嬉しそうな笑顔から実証できるが、彼らも子供の帰省を期待している。彼らも、子供集まりの幸せが強く渇望している。多分、これも老人の念願だと思う。

      嫁は見た目で全くいい加減で、些細な事にこだわらない。でも、彼女も心遣いが細やなか面もある。毎年季節が変わったら、嫁は忘れずに、いつも両親の洋服を買っている。“私たちはもう年を取ったから、着るものがあれば充分で、多く買ったら無駄になるよ”と、母はよく言った。嫁は、“昔は老人もいるし子供もいるから、結構お金を節約した。今、生活の条件もますます良くなったから、楽しむ時期になるよ”と、明るく返事している。両親とも約70歳になるから、見た目はまるで10歳ほど若く見える。“嫁がいるなんて良かった!”、母はよく感嘆している。母の話を聞いて、私はけっこう嫉妬している。

    これは私の嫁である。人なりも事情の処理も、外せなく私に深い影響をしている。今、私も妻になった。それに、私も嫁を務めている。私も嫁のように、主人の両親を孝行し、“親孝行をしたい時には、残念ながら親はなくなってしまった”と言う無念な事を絶対残させないに違いないと思う。
    嫁は私にとって、生活面だけの手本ではなく、仕事のほうも私の模範である。彼女は中紅普林公司に十年以上勤め続けた。彼女は自分にとって、最も貴重な青春歳月を中紅普林公司の事業に貢献した。彼女は慎重、勤勉で、少しもいい加減にしない。彼女は昔の現場従業員から今現在の包装部長まで、一歩一歩頑張って来た。この期間に、彼女はいったいどのくらいの努力を払ったのか、多分、彼女しか分からない。彼女は毎年“優秀社員”に評定されている。それに、彼女の事務所のにも、“優秀チーム”と書かれる優勝旗が壁に掛けられている。これは、全て彼女が仕事に努力している実証である。私は第三公司の一般従業員として、私も嫁のように自分の最大な努力を払い、会社に最大な貢献を出せる、嫁に恥を掛けないと思っている。
    “嫁さんはいったい誰ですか”、多分、皆は聞きたいと思う。では、私は誇りながら教えるが、彼女はプラスチック第三公司包装部長の張秀梅である。私は、このような嫁がいることを非常に誇っている。
    これは私の嫁である、尊敬されるべきな方である。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

中红普林

住所:河北省灤南県松鹤大街35号 

電話番号:86-315-4167691/4167077

中红普林

著作権所有© 中紅普林集団 冀ICP备14016186号

中红普林

冀公网安备 13022402000083号

中紅普林集団