搜索
确认
取消
01
貴方の現在の位置:
ホーム
/
年代記

  創立元年

  2000年、唐山中紅普林食品有限公司を成立し、中紅普林の創業歴程をスタートしました。

  産業拡張年間

  2001年05月、厦門国貿集団に提携し、唐山宝厚達普林食品有限公司を成立し、肉鶏の再加工産業をキックオフしました。

  2001年05月18日、プラスチック第一公司8本のPVC手袋生産ラインを全て生産に投入しました。

  2001年06月08日、プラスチック第一公司包装製品部は運営に投入しました。

  2001年12月、山東の大成集団に提携し、種鶏飼養及び若鶏の孵化業務を展開しました。

  2001年、ISO9001国際品質体系の認証を取得しました。

  2002年、アメリカFDA認証、欧州連合CE認証を取得しました。

  2002年03月18日、プラスチック第二公司4本のPVC手袋生産ラインを生産に投入しました。

  2002年06月08日、プラスチック第一公司2本のPE手袋生産ラインを生産に投入しました。

  2002年09月、北京融商公司に提携し、唐山融商普林畜産有限公司を成立し、肉鶏加工及び飼料の生産をキックオフしました。

  資本運営年間

  2003年01月、厦門国貿との全面的合資提携を実現しました。

  2003年06月18日、プラスチック第二公司6本のPVCパウダーフリー手袋生産ラインを生産に投入しました。

  2003年12月、プラスチック第三公司4本のPVCパウダーフリー手袋生産ラインを生産に投入しました。

  2003年、“清真食品”の命名は看板を掛け、清真登録工場の資格を獲得しました。

  2003年、プラスチック第一公司外箱生産ラインの拡大建設工事を完成しました。

  2003年、唐山普林海珍養殖有限公司を成立し、海産物の養殖業に進出しました。

  管理基礎年間

  2004年01月12日、唐山三発普林飼料有限公司を成立しました。06月06日、年間生産能力2万トンに達する海産物飼料生産ラインは生産に投入されました。

  2004年、会社の海水工場化養殖規模は全国の第二位を占め、畜産規模は河北省第二位を占めました。

  2004年、食品薬品監督管理部門の医療器械登録証書を取得しました。

  2004年、プラスチック産業はパフォーマンス考課を実施し、個人の報酬を工作のパフォーマンスに繋ぎ、新しい機制に基づき新しい工作情熱を激発できました。当年度の整体利益は同期に27%を高め、6本の生産ラインの追加に相当できました。

  2005年07月07日、プラスチック第三公司は4本のPVCパウダーフリー手袋生産ラインを追加し、生産に投入しました。

  2005年10月、プラスチック第二公司は4本のPVCパウダーフリー手袋生産ラインを追加し、生産に投入しました。

 中紅普林集団

  整合突破年間

  2006年、プラスチック第五公司は成立されました。2007年01月17日、8本の医療級PVC手袋生産ラインは生産に投入しました。

  2006年、陸雄プラスチック製品有限公司は成立されました。2007年05月07日、6本のシアン化ニトリル手袋生産ラインは生産に投入しました。

  2006年、HACCP品質管理体系の認証を取得しました。

  2006年12月、所属分公司、子会社を整合し、唐山中紅普林集団を設立しました。

  2007年12月、北京君柏投資有限公司に提携し、普林海珍の在庫資産が大幅な増値を実現しました。

  2007年、融商普林は二つの種鶏工場を設立し、13万セットの種鶏飼養能力を形成した。それに、1500万羽の若鶏孵化新規工場を建設しました。

  2007年、ISO13485国際品質体系認証を取得しました。

  2007年、融商普林はSGSの評価に合格され、ケンタッキーの中核的策略供給業者になりました。

  基礎強化年間

  2008年01月、融商普林公司の薬物残留テストセンターは建設完了になり、使用に導入されました。

  2008年01月15日、融商普林はケンタッキー2007年度鶏肉供給業者品質審査一位の称号を獲得しました。

  2008年05月、唐山普林不動産開発有限公司は成立され、中紅建材城及び中紅ショッピングセンター二つの商業不動産プロジェクトを開発しました。

  2008年10月-2009年、金融危機に直面し、プラスチック産業は“五つのハードウェア工程”及び“五つのソフトウェア工程”をキックオフしました。中紅普林集団は原価制御、環境保護、自動化程度及び精細化管理などの各方面にも、新しい段階に押し上げました。

  2009年、集団公司はプラスチック、食品、不動産、三つの事業集群を構築し、三つ同時に発展するモデルに実現しました。

  2009年08月、唐山融商普林畜産有限公司は唐山中紅三融畜産有限公司に改名しました。

  産業昇華年間

  2010年02月27日、プラスチック第五公司はあらためて12本の医療級PVC手袋生産ラインを生産に投入しました。

  2010年03月、秦皇島中紅三融農牧有限公司を成立し、肉鶏の飼養と加工一本化龍型企業の遠隔地開拓を実現しました。

  2010年05月17日、プラスチック第一公司新規工場に設置される世界最も先進的ニトリル手袋生産ライン8本の建設を開始しました。

  2010年05月17日、カラー印刷包装分公司は投資建設を開始しました。同年12月23日、工事完了で生産に投入しました。  

  2010年06月16日、唐山中紅普林集団は北京二商集団有限公司に提携協定を締結し、北京二商中紅食品有限公司を成立しました。中紅普林集団は資本の省外運営を実現し、投資の分野をさらに拡大しましました。

  2010年11月、唐山中紅食品有限公司を成立し、鶏肉、ウシ目肉類を主にする食品再加工のプロジェクトをキックオフしました。

  2010年12月、集団内部刊行物である《普林の声》は《中紅新聞》に改名され、企業内部刊行物文化の新しい元年を発足しました。

 

 

 中紅普林集団

  中核的能力向上年間

  2011年02月、唐山中紅不動産開発有限公司は成立され、中紅一品の住宅プロジェクトを開発し始めました。

  2011年03月07日、プラスチック第一公司医療級ニトリル手袋生産ラインは生産を開始しました。

  2011年08月08日、“差異を探し、対策を講じ、収入増加及び支出削減に力を入れます。先進を学び、創新を求め、中核的能力を向上します”を主題にし、プラスチック事業集群は収入増加及び支出削減関連工作の第一戦を始めました。混合材料コスト、副資材コスト、工程改善などの各分野に著しい効果を取得しました。

  2011年11月09日、中紅ショッピングセンタープロジェクトは成功に完工しました。

  2011年12月、中紅普林集団食品ブロックは河北三融集団に株権整合を実現しました。整合後、中紅普林集団は三融集団17.5%の株権を占め、三融集団IPO前期の資産再編工作を順調に完成しました。

  2011年12月15日、“奇手を出し、新しい突破を実現します。効果を重視し、中核的能力を作ります”を主題にし、プラスチック事業集群は配置を行い、第二戦を始めました。

  2012年03月27日、中紅建材城は試運転を始めました。

  2012年04月、三発普林にある新しいエビ飼料生産ライン(年間生産能力2万トン)は正式的使用に投入されました。

  2012年09月、会社は6S管理を推進し、企業の規範化管理を高めました。

  2012年09月29日、中紅建材城は正式に営業し始めました。

  2012年10月、唐山三福飼料有限公司が成立され、7本の高級海産物飼料生産ラインを建設しました。

  2012年、プラスチック事業の強化、最適化を図りました。第二戦は技術改善措置を経て、原価を効果的に抑え、中核的競争力を高めました。食品事業の最適化及び整合を進み、河北三融集団を成功に買収しました。2012年、会社は唐山市工商業連合会に“二次創業、科技創新をもって発展を促進する基幹企業”に評定されました。

  2013年01月、唐山中紅普林集団は河北三融集団を絶対に管理し始めました。

  2013年01月07日、中紅ショッピングセンターは使用に交付されました。

  2013年01月、中紅OA事務処理自動化システムは全面的、正式的運営に移り、事務処理の効率も全面的に高めました。

  2013年05月01日、中紅ショッピングセンターは正式に営業し始めました。

  2013年、医療ブロックは大胆な創新及び技術改革を経て、シアン化ニトリル手袋の生産ラインは量産を順調に開始しました。“品質を守り、コストを抑える”と言う中核的戦略を発動した結果、競争力は安定に高められ、安定に進歩を図りました。食品ブロックは、突破に力を入れ、一シリーズの管理モデルに通じて大幅に調整を行い、“収入増加原価削減進行中”の活動をキックオフしました。企業の競争力が著しく高められ、発展態勢も空前に明るくになりました。

  戦略発展年間

  2014年05月、医療ブロックは北京研究院を成立し、科技研究開発を強化しました。

  2014年09月17日、プラスチック第六公司新規工場16本世界最も先進的シアン化ニトリル手袋生産ラインは建設を開始しました。

  2014年10月、唐山中紅普林集団は中紅普林集団に改名されました。

  2014年10月、河北三融集団は中紅三融集団有限公司に改名されました。

  2014年10月、中紅普林集団、中紅普林医療は国貿ホールディングスの二級成員会社に昇格しました。

  2014年、医療ブロック“余剰人員削減、コストダウン、構造調整、利益増加”の戦いは著しい効果を取得しました。IPO工作のほうも、実質性の進展を取得しました。食品ブロックは資産活用の措置を取り、著しい効果を取得しました。飼料の海外販売は安定に増加した上、八項の収入増加及び支出削減分野も安定に高めました。自社飼養場の飼養成績は安定に高められたが、会社も力を入れ、“会社+家庭農場”の経営モデルを推進しました。

  2015年03月、唐山中紅普林プラスチック有限公司は中紅普林医療用品股份有限公司に改名されました。

  2015年07月31日、中紅普林医療用品股份有限公司は新三板に成功に上場しました。株券の名称は“中紅医療”で、証券のコードは833133です。

  2015年08月、唐山中紅食品有限公司鶏肉、ウシ目肉類を主にする食品再加工プロジェクトは建設を始めました。

  2015年11月、三発飼料は定額を超え利益の指標をクリアしました。三福飼料は河北省《飼料品質安全管理規範》の検収に合格され、全省初めての模範企業となりました。

  2015年11月、中紅普林医療股份有限公司は国家ハイテク企業に認定されました。

  2015年12月、医療第六公司シアン化ニトリル手袋生産ラインは竣工になり、生産に投入されました。

 中紅普林集団

  卓越運営年間

  2016年04月、唐山中紅三融畜産有限公司の製品は、香港に供給する生鮮“同線同標同質”の取引サービス提供プラットホームに成功に進出しました。

  2016年04月、医療股份アメリカ公司、ヨーロッパ、日本、マレーシア事務所を成立しました。

  2016年06月、省エネ、環境保護の新興産業を開拓し、北京中紅浩普省エネ・環境保護科技有限公司を成立しました。当年、コンプレッサー省エネ、ブロワー省エネ、LED照明などの省エネは著しい効果を取得しました。

  2016年08月07日、中紅普林集団及び山東益生股份はこの種類の鶏関係プロジェクト戦略提携を推進しました。

  2016年08月、中紅三融集団は販売チャンネルを開拓し、ブランドの建設を強めました。製品は毎日優鮮、美団などの電子商取引販売プラットホームに登録し、11月直営店はオープンしました。

  2016年10月、医療株式ERPプロジェクト会議をキックオフし、情報化を再発足しました。

 中紅普林集団
中红普林

住所:河北省灤南県松鹤大街35号 

電話番号:86-315-4167691/4167077

中红普林

著作権所有© 中紅普林集団 冀ICP备14016186号

中红普林

冀公网安备 13022402000083号

中紅普林集団